須磨観光協会
文字サイズ変更 縮小 元に戻す 拡大
知る 楽しむ みる 行く Q&A 問合せ

源氏物語と須磨

源氏物語 イメージ画像

源氏物語の中で、主人公である光源氏にとって、大きな転機となったのが、「須磨」「明石」の巻です。

都から遠く離れた地で、光源氏はどのような思いで暮らしたのでしょうか。ゆかりの地、「須磨」にお越しいただき、千年の貴公子、光源氏に思いを馳せながら華麗な歴史絵巻を体感してください。

源氏物語あらすじ

顔も見知らぬうちに死別した母の面影を追い求めて、父帝の寵姫・藤壷に恋心を抱き、禁断の恋に悩む源氏。やがて紫の上と出会い、理想の女性へと育てるうちに恋愛感情へと発展。この間、源氏と正妻・葵の上との愛憎と葵の上の死、そして朧月夜との逢瀬が発覚。彼女は政敵・弘徽殿女御の妹であり、兄朱雀帝の寵姫でもあるが、危険を顧みず、恋愛のスリルを楽しんでいた源氏でありました・・・。

「須磨」「明石」の巻

京からの追放を予知した源氏は、最愛の妻・紫の上を京に残し、自ら須磨(現光寺付近)へ退去することになります。源氏26歳、3月末のことでした。須磨は、秋風が吹き、荒波が寝床までも打ち寄せる気配。海を知らない源氏にとっては、憂愁の日々でありました。翌3月、昨年手植した若木の桜(須磨寺境内)がちらほら咲くのを見て、都の桜を思い出す源氏でありました。やがて源氏の存在を知った明石入道が出迎えに来て、舞台は明石へと移ります。そこには、明石の君との出会いが待っていました。明石の君は高貴な源氏との恋にとまどいながらもやがて、心を許していきます。

栄達への転機「須磨」「明石」

光源氏にとって大きな転機となったのが須磨と明石です。須磨のわび住まいでは、月を眺め、歌を詠み、音を奏でるといった源氏の人生で唯一、女性と縁のない日々を送ります。その後の都での栄達に向けての英気を養っていたとも言えるでしょう。明石の君との出会い、懐妊、そして都へ戻った源氏は栄達への階段を登りつめていきます。

「須磨の名月」で心を癒されました!

須磨は秋風が吹き、荒波が寝床までも打ち寄せ、海を知らない光源氏にとっては、憂愁の日々であったことでしょう。そんな光源氏を癒してくれたのが、須磨の月でした。物語のなかでは、「今宵は十五夜なりけりと思し出でて、殿上の御遊恋ひしく・・」とあり、月を眺めながら都を回想しています。

「須磨」「明石」の巻から書かれました!

作者・紫式部は、石山寺(大津市)に通夜し、源氏物語の構想を浮かべました。八月十五夜、琵琶湖の水面に映る中秋の名月を眺めて、光源氏のモデルの一人在原行平の須磨での日々と重ねあわせながら、「須磨」「明石」の両巻から書き始められたとも言われています。

源氏物語に関する史跡・名所

プリンタ用画面
前
須磨区政の年表
カテゴリートップ
歴史を知ろう
次
源平合戦と須磨
〒654-8570
兵庫県神戸市須磨区大黒町4丁目1番1号(須磨区役所まちづくり課内)
TEL:078-731-4341/FAX:078-732-0728   すまぼう(c)2014 Kobe city No.14-016
知る 楽しむ みる 行く よくある質問 お問い合わせ
■歴史を知ろう ■観光スポット ■フォトギャラリー ■アクセス ■観光について  
古代~近現代の須磨 エリアでさがす 須磨楽景   ■須磨海水浴場について  
須磨の由来 目的でさがす 須磨海岸とっておきの1枚   ■宿泊施設  
華麗なる須磨の近代史をたどる ■お知らせ ■映像で見る、須磨   ■アクセス方法  
伝統行事・民俗芸能 ■観光ガイド ■歳時記      
須磨区政の年表 観光ガイドボランティア      
源氏物語と須磨 観光ガイドマップ      
源平合戦と須磨 須磨楽店 おもてなし100店      
歴史を研究する 須磨のお土産物      
■須磨のひと 須磨楽歩でご案内 区の花      
須磨楽人 数珠つなぎ ■おすすめ!ウォーキングコース 区の木      
■須磨観光協会について ■すまぼうと一緒に須磨子ども旅        
  ■須磨海水浴場ご利用ガイド        
  ■句碑・歌碑