須磨観光協会
文字サイズ変更 縮小 元に戻す 拡大
知る 楽しむ みる 行く Q&A 問合せ

禅昌寺

上のカテゴリへ
並び替え|タイトル|日時|ヒット数 |現在の並び: ヒット数 (高→低)
1 - 7 件目 ( 7 件中)   
芭蕉 句碑
芭蕉 句碑友まつと 見えず紅葉に ひとりかな  芭蕉
伊藤博文 詩碑
伊藤博文 詩碑聞道老僧移錫処延文遺跡尚存留満山紅葉無人稀風色蕭々古寺秋      博文 明治初年、伊藤博文が若くして初代兵庫県知事のころ、秋の一日この禅昌寺に観楓に来たときの作です。
瓢水 句碑
瓢水 句碑本尊は 釈迦か阿弥陀か 紅葉かな  瓢水
露城 句碑
露城 句碑濃うすき もみぢはいづれ 寺の塵  露城
宍戸忠彦歌碑
宍戸忠彦歌碑生もなく死もなく この身大君に ささけまつりて 我は征くなり  忠彦 作者の忠彦は大阪大学医学部卒業後、昭和19年10月グアム島又木山西方地区にて戦死。26歳、海軍軍医少佐でした。この辞世は出征のおり、黙って机の引き出しに入れていたものといわれています。
一山米翁 歌碑
一山米翁 歌碑神撫の山のふもとの きりはれて いくとせあきぬ にしきなりけり  一山米翁 板宿の旧家・武貞米太郎作で、孫の利隆により碑が建てられました。
雀の子 歌碑
雀の子 歌碑雀の子 ひとつ踏んでは 親をみる
1 - 7 件目 ( 7 件中)   
〒654-8570
兵庫県神戸市須磨区大黒町4丁目1番1号(須磨区役所まちづくり課内)
TEL:078-731-4341/FAX:078-732-0728   すまぼう(c)2014 Kobe city No.14-016
知る 楽しむ みる 行く よくある質問 お問い合わせ
■歴史を知ろう ■観光スポット ■フォトギャラリー ■アクセス ■観光について  
古代~近現代の須磨 エリアでさがす 須磨楽景   ■須磨海水浴場について  
須磨の由来 目的でさがす 須磨海岸とっておきの1枚   ■宿泊施設  
華麗なる須磨の近代史をたどる ■お知らせ ■映像で見る、須磨   ■アクセス方法  
伝統行事・民俗芸能 ■観光ガイド ■歳時記      
須磨区政の年表 観光ガイドボランティア      
源氏物語と須磨 観光ガイドマップ      
源平合戦と須磨 須磨楽店 おもてなし100店      
歴史を研究する 須磨のお土産物      
■須磨のひと 須磨楽歩でご案内 区の花      
須磨楽人 数珠つなぎ ■おすすめ!ウォーキングコース 区の木      
■須磨観光協会について ■すまぼうと一緒に須磨子ども旅        
  ■須磨海水浴場ご利用ガイド        
  ■句碑・歌碑