須磨観光協会
文字サイズ変更 縮小 元に戻す 拡大
知る 楽しむ みる 行く Q&A 問合せ

須磨浦公園

上のカテゴリへ
並び替え|タイトル|日時|ヒット数 |現在の並び: ヒット数 (高→低)
1 - 7 件目 ( 7 件中)   
子規・虚子師弟 句碑
子規・虚子師弟 句碑虚子の東帰にことづてよ 須磨の浦わに晝寝すと  子規子規50年忌月を思い 人を思ひて須磨にあり  虚子 昭和28年4月に建てられました。師弟碑というのは全国でも珍しく碑面の字はそれぞれ直筆です。
芭蕉蝸牛 句碑
芭蕉蝸牛 句碑蝸牛 角ふりわけよ 須磨明石  芭蕉 昭和11年4月に建立されました。字は俳誌「正風」主宰の寺崎方堂が書いています。
蕪村 句碑
蕪村 句碑春の海 終日のたり のたりかな  蕪村 江戸時代の俳人・与謝蕪村が、須磨の浦で詠んだものといわれています。
播水句碑
播水句碑下り佇てば 遅日の淡路 籬の上に  播水 昭和44年4月俳誌「九年母」500号記念に九年母会により、主宰者・五十嵐播水の句碑として建てられました。
松笠要 歌碑
松笠要 歌碑視野一望紀淡は近し山上の 潮南風に向きて胸張る  要 碑は鉢伏山腹・須磨観光ハウス手前の辻を左折した奥の展望台の東にあり、2m余りの巨石です。昭和15年、六甲短歌会により建てられました。松笠要は本名安水弘、神戸二中・甲南高校に学んだ須磨の歌人です。
草野藤次 歌碑
草野藤次 歌碑須磨のうら 波の音あはれ吹きたへし 青葉の笛の昔おもへば  藤次
青々 句碑
青々 句碑雨中敦盛そばへ去りし 夜客や後の月  青々 句の作者は松瀬青々。昭和44年に神戸漁火会により建てられました。
1 - 7 件目 ( 7 件中)   
〒654-8570
兵庫県神戸市須磨区大黒町4丁目1番1号(須磨区役所まちづくり課内)
TEL:078-731-4341/FAX:078-732-0728   すまぼう(c)2014 Kobe city No.14-016
知る 楽しむ みる 行く よくある質問 お問い合わせ
■歴史を知ろう ■観光スポット ■フォトギャラリー ■アクセス ■観光について  
古代~近現代の須磨 エリアでさがす 須磨楽景   ■須磨海水浴場について  
須磨の由来 目的でさがす 須磨海岸とっておきの1枚   ■宿泊施設  
華麗なる須磨の近代史をたどる ■お知らせ ■映像で見る、須磨   ■アクセス方法  
伝統行事・民俗芸能 ■観光ガイド ■歳時記      
須磨区政の年表 観光ガイドボランティア      
源氏物語と須磨 観光ガイドマップ      
源平合戦と須磨 須磨楽店 おもてなし100店      
歴史を研究する 須磨のお土産物      
■須磨のひと 須磨楽歩でご案内 区の花      
須磨楽人 数珠つなぎ ■おすすめ!ウォーキングコース 区の木      
■須磨観光協会について ■すまぼうと一緒に須磨子ども旅        
  ■須磨海水浴場ご利用ガイド        
  ■句碑・歌碑