須磨観光協会
文字サイズ変更 縮小 元に戻す 拡大
知る 楽しむ みる 行く Q&A トップページ

句碑・歌碑


場所 (51)
人名 (49)
並び替え|タイトル|日時|ヒット数 |現在の並び: ヒット数 (高→低)
21 - 30 件目 ( 51 件中)    1 2 3 4 5 6
藤原俊成 歌碑
藤原俊成 歌碑聞き渡る 関の中にも 須磨の関 名をとどめける 波の音かな 俊成
竹本旭子 句碑
竹本旭子 句碑種蒔くや 畑暗らくして  旭影
良寛『須磨紀行』碑
良寛『須磨紀行』碑すまでらの むかしを問えば 山桜よしやねむ すまのうらわの なみまくら 「須磨紀行」の碑であり、諸国行脚の途中に良寛が須磨寺に立ち寄ったとき、この句を残しました。
陳舜臣 漢詩碑
陳舜臣 漢詩碑須磨寺有感龍華橋畔弔平郎 青葉笛声餘韻長 底事海風吹倒暁 吹残蘭麝断人腸源家鐵騎捲塵征 警報頻傅青葉營 記否興亡棊一局 笛聲清雅白沙平
子規 句碑
子規 句碑読みさして 月が出るなり 須磨の巻  子規
松笠要 歌碑
松笠要 歌碑視野一望紀淡は近し山上の 潮南風に向きて胸張る  要 碑は鉢伏山腹・須磨観光ハウス手前の辻を左折した奥の展望台の東にあり、2m余りの巨石です。昭和15年、六甲短歌会により建てられました。松笠要は本名安水弘、神戸二中・甲南高校に学んだ須磨の歌人です。
大井広 歌碑
大井広 歌碑明滅の ひかりをおくる灯台は いづこにあらむ寂しき海はら  広 昭和19年1月、作者の短歌の師・太田水穂の筆になる碑が建てられました。広は旧県立第一高女の教師で信州出身の国文学者です。
五十嵐播水 句碑
五十嵐播水 句碑香煙に 降りこむ雪や 初大師  播水
小河六平 句碑
小河六平 句碑海の色 幾変りして 梅雨の須磨    六平 作者・小河六平は西須磨に生まれ、俳誌「須磨千鳥」を創刊し、地方俳壇の育成に力をつくしました。
伊藤博文 詩碑
伊藤博文 詩碑聞道老僧移錫処延文遺跡尚存留満山紅葉無人稀風色蕭々古寺秋      博文 明治初年、伊藤博文が若くして初代兵庫県知事のころ、秋の一日この禅昌寺に観楓に来たときの作です。
21 - 30 件目 ( 51 件中)    1 2 3 4 5 6


すまぼう(c)2014 Kobe city No.14-016
知る 楽しむ みる 行く よくある質問 お問い合わせ
■歴史を知ろう ■観光スポット ■フォトギャラリー ■アクセス ■観光について Tel:078-731-7301
古代~近現代の須磨 エリアでさがす 須磨楽景   ■須磨海水浴場について 〈事務局〉
須磨の由来 目的でさがす 須磨海岸とっておきの1枚   ■宿泊施設  神戸市立須磨海浜水族園
華麗なる須磨の近代史をたどる ■お知らせ ■映像で見る、須磨   ■アクセス方法  
伝統行事・民俗芸能 ■観光ガイド ■歳時記      
須磨区政の年表 観光ガイドマップ      
源氏物語と須磨 須磨楽店 おもてなし100店      
源平合戦と須磨 須磨のお土産物      
歴史を研究する 須磨楽歩でご案内      
■須磨のひと ■おすすめ!ウォーキングコース 区の花      
須磨楽人 数珠つなぎ ■すまぼうと一緒に須磨子ども旅 区の木      
■須磨観光協会について ■須磨海水浴場ご利用ガイド        
  ■句碑・歌碑