須磨観光協会
文字サイズ変更 縮小 元に戻す 拡大
知る 楽しむ みる 行く Q&A 問合せ

観光スポット

ホーム >  観光スポット
地図表示
エリア別 (54)
目的別 (54)
伝説 (28)
並び替え|タイトル|日時|ヒット数 |現在の並び: ヒット数 (高→低)
21 - 30 件目 ( 54 件中)    1 2 3 4 5 6
旧和田岬灯台旧和田岬灯台
1884(明治17)年に、それまでの木造灯台を鉄骨に改築したものです。 明治期の鉄骨灯台としては、現存する最古の灯台です。もとは和田岬(兵庫区)にあったものですが、1963(昭和38)年に廃灯になったあと、永久保存するため、翌年、現在の須磨海浜公園の西端に移設され、“赤灯台”と呼ばれています。
住所神戸市須磨区須磨浦通1丁目1
須磨海づり公園須磨海づり公園
多種多様な魚が生息しており、海と山の雄大なパノラマを眺めながら、 磯の根魚や沖合を回遊する大物釣りから初心者向けのサビキ釣りまで幅広く楽しむことができます。「海洋放牧場」(つり掘)ではマダイ釣りも体験でき、 貸竿もあるので、気軽にフィッシングを楽しむことができます。
電話番号078-735-2907
住所神戸市須磨区一ノ谷町5丁目地先
須磨観光ハウス 味と宿 花月須磨観光ハウス 味と宿 花月
スイスの山小屋風の建物は、「神戸市迎賓館」として昭和初期に建てられ、建築百選にも選ばれている、純和風な客室との和洋折衷が楽しめる趣ある宿。宿名の由来でもある桜が全館を取り囲み、春には建物とのコントラストが美しいです。和風庭園の四季折々の草花、館内から一望できる大阪湾も見どころ。地元の新鮮な食材を使った、丹精込めた会席料理が旅人をもてなし...
電話番号078-731-3751
住所神戸市須磨区西須磨字鉄拐7
義経腰掛の松(ほんがんさん)義経腰掛の松(ほんがんさん)
源義経一行が多井畑厄除八幡宮で戦勝祈願したおり、この松の木の下で休息をとった後、一の谷に向かったと伝えられています。 それからのち、村人はこの場所に社をつくり「ほんがん(判官)さん」の愛称で親しみと尊敬をこめておまつりしています。
住所神戸市須磨区多井畑
シーパル須磨(神戸市立国民宿舎 須磨荘)シーパル須磨(神戸市立国民宿舎 須磨荘)
関西中からレジャーに訪れる須磨海岸に隣接するシーパル須磨。全室オーシャンビューで11Fの展望大浴場からは瀬戸内海と淡路島を一望できます。神戸ハーバーランドやアウトレットモール「マリンピア神戸」へのアクセスも便利です。フロントにて水族園・神戸どうぶつ王国・須磨浦山上遊園のチケットを10%OFFにて販売しています。
電話番号078-731-6815
住所神戸市須磨区須磨浦通1丁目1-1
旧住友別邸門柱旧住友別邸門柱
住友家第15代当主、住友友純が1893(明治26)年、海辺の約1300坪の土地に別荘を建て、須磨の別荘地開発の草分けとなりました。 1903(明治36)年には別荘の隣に洋館の別邸を新築しました。別邸は1945(昭和20)年の戦災で焼失し、跡地に須磨海浜公園が整備されました。 現在は、別邸の門柱のみが当時の面影を残します。
住所神戸市須磨区須磨浦通1丁目1
寿楼 臨水亭寿楼 臨水亭
源平ゆかりの地に建つ、落ち着いた和の空間が魅力の旅館。ゆったりとした広さのある全室スイートタイプの客室は、池に面しており春には桜を観賞できます。中には夜景が見渡せる・家族みんなで寛げる・ペット同室宿泊OKなど、多彩なタイプの部屋も。須磨の夜空を眺めながら和風庭園露天風呂につかるひと時・・・ICからのアクセスも良く三宮観光にも便利です。
電話番号078-731-4351
住所神戸市須磨区須磨寺町3丁目5-18
白川の高座岩(夫婦岩)白川の高座岩(夫婦岩)
白川峠の北方の小高い峰を高御座山(たかみくらやま)といい、その頂に東西に並ぶ二つの巨石「高座の岩」があります。両方とも上が平らになっており、東の雄岩は六十畳、西の雌岩は四十畳敷きの広さだと言われています。伝説では、イザナギノミコトとイザナミノミコトが日本の国を作られた時に、この岩の上で休息されたといい、神功皇后や安徳天皇・建礼門院もここから...
住所神戸市須磨区白川
那須与市の墓那須与市の墓
那須与市宗隆は、屋島で扇の的を射た若武者です。与市は下野(しもつけの)国(くに)(栃木県)那須の庄の住人で、郷里の那須の庄にも墓所はありますが、須磨では晩年に与市が北向八幡宮へお礼のため参詣し、病のためこの地で死去したと伝えられています。この墓に参詣すると、年老いても「しもの世話にならない」との信仰があり、毎月7日のご命日には多くの参詣者が訪れ...
住所神戸市須磨区妙法寺字円満林24-8
禅昌寺禅昌寺
境内の開山堂にぶらさがるひょうたんは「スズメのお宿」として知られています。紅葉寺とも呼ばれるとおり、広い参道わきの紅葉はすばらしく、周辺の景観等の調和は古来より有名です。 境内には、江戸時代の俳人芭蕉や滝瓢水(たきひょうすい)、伊藤博文等の文学碑があり、山門は江戸時代の彫刻職人、左甚五郎(ひだりじんごろう)作と伝えられています。
住所神戸市須磨区禅昌寺町2丁目5-1
21 - 30 件目 ( 54 件中)    1 2 3 4 5 6
〒654-8570
兵庫県神戸市須磨区大黒町4丁目1番1号(須磨区役所まちづくり課内)
TEL:078-731-4341/FAX:078-732-0728   すまぼう(c)2014 Kobe city No.14-016
知る 楽しむ みる 行く よくある質問 お問い合わせ
■歴史を知ろう ■観光スポット ■フォトギャラリー ■アクセス ■観光について  
古代~近現代の須磨 エリアでさがす 須磨楽景   ■須磨海水浴場について  
須磨の由来 目的でさがす 須磨海岸とっておきの1枚   ■宿泊施設  
華麗なる須磨の近代史をたどる ■お知らせ ■映像で見る、須磨   ■アクセス方法  
伝統行事・民俗芸能 ■観光ガイド ■歳時記      
須磨区政の年表 観光ガイドボランティア      
源氏物語と須磨 観光ガイドマップ      
源平合戦と須磨 須磨楽店 おもてなし100店      
歴史を研究する 須磨のお土産物      
■須磨のひと 須磨楽歩でご案内 区の花      
須磨楽人 数珠つなぎ ■おすすめ!ウォーキングコース 区の木      
■須磨観光協会について ■すまぼうと一緒に須磨子ども旅        
  ■須磨海水浴場ご利用ガイド        
  ■句碑・歌碑